62A4BDFD-B531-4D28-A1CB-DDBFDE3BC9CD_1_2

23歳の時に両足の大けがと離婚を経験。精神的にも肉体的にも一人で生きていくことができず困惑していた時に、敬虔なクリスチャンの方の紹介で、東京のマザーテレサの家にお世話になる。そこで「受け入れられる」「甘える」ということを初めて知る。
その後子育てをしながら、介護福祉士、介護支援専門員、看護師、助産師、医学気功整体師、鍼灸師を取得
病院や産科クリニック等勤務を経た後に、東京都江東区や杉並区などで看護師(難病訪問看護)、助産師(新生児訪問、乳房ケア、母乳育児相談、子供家庭支援センター講師)、整体師・鍼灸師として訪問活動をメインに行ってきた。
乳房ケア・鍼灸・整体等のケアを行う中、心と身体と食生活との密接な関係に気づいていく。しかしほとんど休息をとらない生活と食生活等の不摂生が続き、体調を崩したことをきっかけに、さらに心と身体と食事の関係について様々な道場や文献などから学び、自ら断食や食生活を変えるなど実践を重ね、その大きな効能と継続していく難しさを知る。
『自らの健康は自らでつくる』というコンセプトを軸に、修行のような節制ではなく、誰もが楽しく!美味しく!続けられる食生活と心の持ち方を伝え、共に創造していきたいと思い、山里のリトリートを開設する。